カニトレーダー カズヤング氏の評判は?FX手法を徹底考察してみた

けんパパ
こんにちは
FX専業トレーダーのけんパパです

youtubeやツイッターで賑わっているカニトレーダーカズヤング氏のFX手法を徹底考察してみました!

この記事はこういった人に役立ちます
  • これからFXを始めようと思ってる人
  • FX初心者
  • カニトレーダーカズヤングのFX手法を知りたい人

カニトレーダーカズヤングっていったい何者?

■プロフィール
名前 : fxカニトレーダーカズヤング
性別 : 男性
血液型 : A型
生年月日 : 1985年 07月 24日
現住所 : 北海道 札幌市
出身地 : 北海道 小樽市
自己紹介 :始めまして、カニトレーダーカズヤングです。 当サイトにお越し頂きありがとうございます。fxは2013年か2014年頃から開始しました。 最初の3年は全く勝てず苦労していました。しかしある事からきっかけに安定して収支を上げることが出来ました。 上手くいかなかった状況から変われた自分の手法やメンタル、資金管理も含め生放送を通じて伝えていき、1人でも多くの方が成績が上がれば良いなと思い日々奮闘しております、今後ともよろしくお願いします。

カズヤング氏は北海道在住のFXトレーダーで自身のFX手法や実際の取引をユーチューブで生配信しているFX系ユーチューバーです。

トレードマークはカニの被り物で一見ふざけてるように見えますがトレード手法やFXに対する考え方はごくごく真面目でFX攻略.comという雑誌の連載を持っていたりFXのオンラインセミナーなどを行うなど実際に実力のあるFXトレーダーの一人です。

因みに現在の見た目は…

こんな感じですが

昔は…

こんな感じだったみたいですね。

何とも純朴な雰囲気が漂う青年だったのですがどこでどうしたらカニを被ることになったのかw

まぁそんなことはさておき以下はカズヤングさんのユーチューブチャンネルのプロモーション動画です。

「稼ぐ、あなたの目の前で」

というキャッチフレーズが非常に印象的です。

ある意味キャラ戦略という意味では大成功ですね。

実際に自身のyoutubeチャンネルで毎日エントリーポイントや決済ポイントだけでなく収支なんかもライブで生配信しています。

ライブ配信の際は視聴者と通話しながら質問に応えたりしています。

オフ会も定期的に開催しているらしく、多くの方とスキンシップをとっていることからかなりフランクな人柄だということがわかりますね。

因みにカズヤングさんは公式ホームページにて色々な目標を挙げています。

2019年の夢(クリアしたら◎を付けます)

1.FX界のスターになる 【】
2.チャンネル登録 30000人 【】
3.チャンネル登録 40000人 【】
4.テレビに出る 【】
4.テレビに出る 【】
5.雑誌に出る【】
5.雑誌に出る【】
5.雑誌に出る【】
5.名古屋でオフ会をする【◎】
6.交通費が自腹じゃないセミナーを開催する【◎】
7.証券会社さんとコラボする【◎】サンワード貿易さん
7.証券会社さんとコラボする【◎】FXTFさん
7.証券会社さんとコラボする【】
8.有名人やyoutuberとコラボする【】
8.有名人やyoutuberとコラボする【】
8.有名人やyoutuberとコラボする【】
9.毎週土日に1本以上、見ている人が役に立つFX講座の動画を出す【】
10.去年成績がマイナスの人を今年プラスに出来るようにアドバイスをする【】
11.視聴者2000人【◎】
11.視聴者2200人【◎】
11.視聴者2400人【◎】
11.視聴者2600人【】
11.視聴者2800人【】
11.視聴者3000人【】
12.生放送開始から収支500万を超える【◎】
13.口座残高1000万を突破する【】

以上が自分が掲げている2019年のやるべきことであり夢です。

現時点で口座残高が750万円を超えているのでこの調子でいくと今年中には余裕を持って1000万円は達成できそうですね。

カニトレーダーカズヤングのFX手法

カズヤングさんの手法はOANDAのオープンオーダーというインジケーターを使って指値や逆指値の注文のボリュームを見ながら反転しそうなポイントや押し目、戻り売りのポイントを見極め、trender2というインジケーターで売り買いを決める、という手法ですね。

カニトレーダーカズヤングのFX手法
  1. オープンオーダーでエントリーポイントを探る
  2. trender2で買いか売りを判断

オープンオーダーとtrender2についてそれぞれどういったロジックなのかを説明します。

OANDAのオープンオーダーとは?

オアンダのオープンオーダーは世界的にも知名度が高いFX会社のオアンダが提供しているサービスの一つです。

オアンダは世界各国に拠点を持つFXブローカーなので世界中にFX顧客がいて、全世界の3割近くの注文情報を保有するFX業者になります。


引用:https://www.oanda.jp/lab-education/info/opneorder_mikata_tsukaikata/

とうことはオアンダに入っている買いや売りの注文状況がわかれば世界中のFXトレーダーの動向がわかるようになります。

そのスケールメリットを利用して顧客の注文(指値や逆指値)が現在どこに入っているのかということをグラフ化した指標がオープンオーダーになります。

オープンオーダーを使用するとバーの長さや厚みで指値や逆指値の注文の偏りが視覚的にわかるようになります。

下記はカズヤングさんのオープンオーダーを使った手法の説明です。

カズヤングさんのオープンオーダーの使い方
  1. バーの上下で売りと買いの厚みを探る。
  2. バーが長くなっているポイントを探り、指値でエントリー。
  3. 逆指値のボリュームでレートの伸びを予測しながら利確ポイントを決める。

オアンダのオープンオーダーはオアンダのェブサイトで見ることができます。

実際の注文状況からトレーダーの動向が知りたいという人は参考になると思います。

⇒OANDAのウェブサイトを見てみる

インジケーターのtrender2とは?

trender2はカズヤングさんが独自に開発したドルスキャワールドFXという商材に同梱されています。

ドルスキャワールドFX~売上ランキング・購入率NO.1!2冠達成~

trender2はアメリカのリアルマネーコンテストで、自己資金を113倍にまで増やしたことで有名なラリー・ウィリアムズという投資家が考案したウィリアムズ%Rというオシレーター系のテクニカル指標が元になったインジケーターです。

ウィリアムズ%Rは直近の価格の終値が一定の期間内の値幅の中で「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」という指標を表してくれるオシレーター系のテクニカル指標です。

いわゆるRSIとかストキャスティクスみたいなやつですね。

どっちかっていったら直近の価格を重視しているのでストキャスティクスに近いです。

このウィリアムズ%Rを元にしたtrender2というインジケーターが矢印で買いか売りかを表示するのでそれに従ってエントリーの方向を決めていきます。

エントリールール

FXにおいては手法だけでなく、エントリールールも大事になってきます。

ここでカズヤングさんが決めている自身のエントリールールを見てみましょう。

【エントリールール】

▼1.直近の大きな矢印の方向を確認し、3通貨で一番強い通貨にエントリー

・上の矢印⇒ロング有利 ・下の矢印⇒ショート有利

ドル円・ユロドル・ユロ円の中で1番強い通貨

ドル円・オジドル・オジ円の中で1番強い通貨

(例 ドル円が上、ユロドルも上、ユロ円も上の場合は一番強いのはユロ円のLとなるのでユロ円をエントリー対象とする)

※ドルストレートの通貨は、トレンドの向き+オーダーの逆指値のボリュームの方向も同じ場合、最強通貨では無い場合でもエントリーする場合あり、矢印と逆の方向のエントリーはしない。

▼2.各グラフの厚い部分やストップロスの少ない場所に指値を入れる

矢印と同じ方向で、オーダーが厚く入っている部分でかつ逆指値が少ない部分に入れます。

買いの指値が厚く、売りの逆指値が少ない部分 ショートの場合はその逆

【利益確定ルール】

▼反対のオーダーが厚く、逆指値のボリュームが少ない部分の手前で決済

(例)買いでエントリーした場合は、売りが厚くかつ買いの逆指値が少ない部分の手前

【損切ルール】

▼エントリー方向と逆の大きな矢印に変わったら損切(もしくは矢印が変わった後の直近高値安値)

通貨の強弱も気にしてエントリーするみたいですね。

基本的に逆張りはせず、大きな矢印の方向に沿ってエントリーしていくので高い勝率が維持できているみたいですね。

但し実際のところはオープンオーダーの見方に裁量が入りそうなので再現性という意味では低くはありませんが初心者にとってはある程度経験が必要になってきそうです。

カニトレーダーカズヤングの収支は?

※放送開始(2018/1/15)から
▼エントリー数 5125回
▼勝敗 3819勝 1283敗 23分
▼勝率 74.52%
▼pips +4498.3pips
▼PF 1.17
▼平均勝 10.7
▼平均負 -28.3

2019年2月収支:+929,618円
2019年1月収支:+1,186,743円
2018年12月収支:+156,645円
2018年11月収支:+143,213円
2018年10月収支:-1,067,654円
2018年9月収支:+326,618円
2018年8月収支:-431,231円
2018年7月収支:-91,698円
2018年6月収支:+171,985円
2018年5月収支:+1,556,640円
2018年4月収支:+648,536円
2018年3月収支:-89,219円
2018年2月収支:-227,498円
2018年1月収支:+1,312,322円

リスクリワードが1:3くらいなので高い勝率を維持しつづけなければいけない手法ということになりますがトータルでかなりプラスにはなっているのでトレーダーとしては十分な成績ですね。

ですが収支を見てみると単月でかなりマイナスになっている月もあるので実践する方は絶対にハイレバでトレードしたりしないようにしてください。

こういった波のある手法は長い目で見てトータルではプラスになってもいざ初心者の方がトレード開始した時に運悪く単月のマイナスが2,3か月連続で続いてあっというまに資金が枯渇して退場なんてこともあり得るのでそこらへんは注意してくださいね。

カニトレーダーカズヤングさんも言ってる資金管理やメンタルの重要性

FXをやる上で資金管理やメンタルはかなり重要なファクターになります。

これについてはカズヤングさんも動画で説明していますね。

カズヤングさんのメンタルと資金管理についての理論
  1. 手法よりもまずメンタル管理が必要
  2. メンタルが身についてないと手法が良くても勝てない
  3. メンタルを乱さないためには資金管理が必要

といった感じでメンタルの重要性を説明しています。

まぁメンタルに関しては奥が深くて人それぞれ性格も違えば経済環境も違いますしお金に対する価値観も違いますから一概にこうやった方がいい、といいうのは中々難しいです。

ですが③のメンタルを乱さないためには資金管理が重要という点に関しては僕も異論はありません。

FXの初級者と上級者を分けるときに勝ち続けてるトレーダーを上級者というのであれば何年も退場せずにマーケットから利益を得ている上級者は間違いなく資金管理を徹底してます。

一定の期間は勝つことができたけど資金管理が疎かで結局最後に負けて資金を飛ばしてしまう、なんていうトレーダーは腐るほど見てきましたからね。

ちなみに資金管理に関してカズヤングさんは下記の項目が大事だと言っています。

・自分がためらいもなく損切のボタンを押すことができる

・チャートが気になってずっとPCやスマホを見ることがない

上記二つのラインを守れるlotなり枚数を見つけることが重要と言っています。

これについてはlotを調整しながら何度かトレードを経験してみないとわかりませんね。

ですが僕はカズヤングさんとちょっと違うのは実は資金管理もメンタルも手法によって大分変わってくるという風に思ってます。

何故かというとスイングトレードとスキャルピングではトータルで利益になるロジックでも期間単位の利益の上がり方そのものが変わってくる場合があります。

例えばスイングトレードで日をまたいで1週間ポジションを保有して100pips抜くのとスキャルピングで一日10pips程度の利益を積み重ねてコツコツ利益を上げて1週間で100pips抜くのとではメンタルにかかる負荷が全然変わってきます。

どちらも勝率60%でリスクリワードレシオが1対1だとしましょう。

勝率60%でも3回連続で負ける確率は6.4%あります。

確率で見ると低いから大丈夫、と思っても相場の地合いによって実際のトレードでは全然おこりえます。

上記の例でいうとスイングで3回連続負けたら3週間でマイナス300pipsになってしまいます。それでも長い目で見れば勝てますが単月でマイナスになる可能性は高くなるということです。

ですがスキャルピングは細かく利益を上げていくので確立とリワードから計算すると日単位で負ける確率はある程度ありますが週単位で負けることは考えにくいです。

極端な例を出しましたがここで言いたいのは僕がスキャルピング推しとかそういうことではなく、トレードする時間軸や手法によってメンタルにかかる負荷は変わってくるのでそれに合わせたlot数でトレードしないとダメということです。

ですからFXで一番大事なのはメンタルに支障があるとトレードがうまくいかないということをまず知っておくということ。

それを知ったうえでトレード手法と資金管理を学ぶこと。

因みにもう一つ付け加えるとすればどんなに優秀なロジックでもメンタルが乱れる手法はダメです。

なのでメンタルが乱れづらいトレード手法を実践すること。

これについては別の記事で解説しています。

FXで稼ぐために必要なメンタルって?重要なのは…

2019.02.04

とりあえず初心者のうちは絶対に最小lotからトレードを開始することをおススメします。

証券会社によっても最小lotは違いますのでなるべく低いlotでトレードできる証券会社を選びましょう。

デモトレードはどうなの?って質問がよくありますがデモトレだとロジックの有用性は確かめられてもメンタルに負荷が全くかからないのでほぼ意味がありません。

結局手法というのは実際のトレードでメンタルを乱さないようにトレードできるかで成績が変わってきてしまいます。

ですから少しでも自分のお金を使ってトレードしてみた方がいいです。

それから徐々に勝てるようになったらlotを上げていくというやり方ですね。

けんパパの言いたいこと
  • まずはトレードにおいてメンタルが乱れると絶対に勝てないということを知っておくこと
  • トレード手法によってメンタルにかかる負荷は全く異なると言うことを知っておくこと
  • そのうえでメンタルが乱れない手法を学び、実践すること
  • 絶対に最小lotからトレードすること

上記を守れば退場するような失敗は避けられますし無駄な情報商材は買わなくて済むと思います。

まとめ

今回は話題のFXトレーダーカニトレーダーカズヤングさんについて記事を書いてみました。

見た目とは違い、実践している手法に優位性もありますし、エントリールールやメンタル、資金管理についてもしっかりとした考えを持っているので今後も注目していきたいFXトレーダーですね。

また何かあれば追記していきます。

 

 

現在無料相談受け付けてます♪

「投資や副業で稼ぎたい」

「ネットビジネスにチャレンジしたい」

そんなあなたのために無料でご相談に乗ります。

僕はこれまで色々な情報商材や高額塾に手をだしてきました。

残念ながら世の中には情報弱者を食い物にする輩や詐欺的まがいなやり方で高額な商品を売りつける輩が存在します。

そんな情報に惑わされず本当にあなたが稼げる道筋を教えます。

ですからもし今独りで悩んでいるならけんパパに相談してみてください。

真摯に全力で応えます!

けんパパ
たった一通のメールで人生が変わることもありますので
まずは遠慮なく気軽にご相談ください。

→けんパパの気軽に無料相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。