レンジ相場だけじゃない!FXにおけるボリンジャーバンドの使い方を徹底解説!

けんパパ
こんにちは
FX専業トレーダーのけんパパです

今回はFXにおけるボリンジャーバンドの使い方を徹底解説していきます。

「ボリンジャーバンドって逆張りの指標でしょ?」

そんな風に思っている方がたくさんいると思います。

ですがそんなことありません。

確かにそのように使うことも可能ですがボリンジャーバンドは元々トレンドフォローで使うために開発されたインジケーターです。

ですから今回はボリンジャーバンドの特徴を活かして一般的に使用されるレンジ相場のロジックだけでなく、トレンドフォローでのボリンジャーバンドの使い方も徹底解説していきます。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドはアメリカの投資家であるジョン・ボリンジャーという人が開発した指標です。

MT4などのチャートを使ったテクニカル分析をやっている人なら一度は聞いたことがあるメジャーなインジケーターの一つですね。

とりあえず難しい計算式などの説明は他のブログに任せるとして、ざっくりと説明すると、

「過去の値動きから見て今後価格が収まるであろう水準をわかりやすくビジュアルで表示してくれる指標」になります。

上記の画像を見て頂くとわかると思いますが中心にあるラインが移動平均線でその上下にあるバンドの様な曲線がボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドにレートが触れると綺麗に跳ね返されているのがわかりますね?

それだけボリンジャーバンドが意識されているということです。

このようにパッと見で目安となるレートの水準がわかるし、バンドが意識されてレートが跳ね返りやすいことから多くのトレーダーに人気がある指標です。

因みにボリンジャーバンドのバンドは1σ(シグマ)、2σ(シグマ)、3σ(シグマ)などと呼びますが中心の移動平均線から離れていくにつれてバンドの数字が上がっていきます。

それぞれのバンドでレートが収まる確率が変わってきます。

1σ(シグマ)だと約68%

2σ(シグマ)だと約95%

3σ(シグマ)だと約99%

上記のように外側のバンドになればなるほどレートがそのバンド内で収まる確率があがります。

パラメータの設定値は?

ボリンジャーバンドのパラメータの設定値で迷われる方がいると思います。

ですがインジケーターに限らずテクニカル分析で使われる指標を挿入する場合は多くのトレーダーが意識しているであろう設定値がいいです。

ですから僕の考えとしてはデフォルトのまま使っている人が多いと思うので基本的にはデフォルトの設定値でいいと思います。

慣れてきたら自分の手法に合わせて過去相場を検証しながらパラメータの数字を調整してもいいと思います。

因みに以下がデフォルトの値です。

デフォルトの値
期間:20
偏差:2.000
適用価格:close

デフォルトだと上記の様に偏差が2.000になっていて2σ(シグマ)だけしか表示されませんが僕は基本的に2σ(シグマ)だけしか見ません。

1σ(シグマ)、や3σ(シグマ)を表示したい場合は先ほどの偏差を1.000にして「レベル」という項目で他のバンドを追加できるので試してみてください。

ボリンジャーバンドの特徴(状態)

ボリンジャーバンドは相場状況によって形状が変わります。

ボリンジャーバンドを使って相場環境を把握するためにはまずボリンジャーバンドがどのような状態なのかを把握する必要があります。

ということでボリンジャーバンドに代表される3つの状態を説明します。

通常時

まずはボリンジャーバンドの通常の状態です。

真ん中の移動平均線に沿って上下のバンドがほぼ平行に動いている状態です。

ボリンジャーバンドがこのような状態の時は相場がレンジ状態で方向感のない状態だと言えます。

エクスパンション(拡大)

エクスパンションはボリンジャーバンドの幅が拡大していく状態です。

上記の画像の青〇の箇所を見て頂くとわかると思いますが上下のバンドが外側に広がっていくのがわかると思います。

ボリンジャーバンドがこの状態のときは相場に勢いがあり、値動きが一方向に動きやすい状態だと言えます。

スクイーズ(縮小)

スクイーズはエクスパンションとは逆でボリンジャーバンドの幅が縮小していく状態です。

上記の画像の青〇の箇所を見て頂くとわかると思いますが上下のバンドが狭くなっていることがわかると思います。

ボリンジャーバンドがこの状態のときは相場に勢いがなく、値動きが乏しい状態だと言えます。

以上の3つがボリンジャーバンドの状態です。

ボリンジャーバンドを使って相場環境を把握するためには上記の3つの状態の内、現在バンドがどの状態にあるのかを把握することが大事です。

次に上記の状態を把握した上で実際の相場でどのように使うのかを具体的に説明していきます。

ボリンジャーバンドを使ったエントリー手法

では実際の相場でボリンジャーバンドをどのように使うのかを説明していきます。

レンジ相場で逆張り

ボリンジャーバンドが通常状態にある時にバンド内に収まる確率を利用してバンドの上下で逆張りを行う方法です。

恐らく一番ポピュラーな方法だと思います。

ですが実は考案者のボリンジャー氏はこちらの手法を推奨してはいません。

実際は後述するレンジブレイクという手法を推奨しています。

ただボリンジャーバンドを使っているトレーダーはかなり多く、実際にチャートを監視していてもバンドの上下が意識されてレートが跳ね返ることが多々あります。

ですから実際にはこのように使って稼いでいるトレーダーは相当数いて、有効な方法だと思います。

但し、単純にバンドの上下で売りと買いを行うだけではなく、上述したボリンジャーバンドの状態をまずは把握する必要があります。

レンジの上下で逆張りをする場合はボリンジャーバンドの上下の幅が横に平行に動いている時である程度ボラティリティーがあるときじゃないとダメです。

相場に勢いがあるときや斜めに向かってボリンジャーバンドが平行に動いている時は値動きが一方向に動きやすいので逆張り手法が通用しづらくなります。

ですからしっかりとボリンジャーバンドの向きや形状を把握した上でトレードを行いましょう。

ちなみにボリンジャーバンドを使ったレンジの逆張り手法なら以下の情報商材がおススメです。

⇒恋スキャFXビクトリーDXのレビュー記事はこちら

上記の商材は複数のインジケーターを使った逆張りの裁量手法で勝率も高いですしトレードロジックも厳密に決められているので初心者の方にも最適な商材です。

僕も長年お世話になっている商材なので気になる方は覗いてみてください。

レンジのブレイクアウトで順張り

こちらはレンジのブレイクアウト(ボリンジャーバンドのエクスパンション)で順張りする手法です。

考案者のボリンジャー氏はこちらの手法を推奨しています。

ポイントはボリンジャーバンドが横に平行に動いている、あるいはスクイーズ(収縮)などの膠着状態にあるときにレートがバンドの外側で終値を付けた時を狙います。

レートの膠着状態が続いた後にバンドの外側で終値を付けるとボリンジャーバンドがエクスパンション(拡大)します。

ボリンジャーバンドがエクスパンションしている時は相場に勢いがあるので値動きが一方向に動きやすくなります。

その場合、値動きはバンド(2σ)に沿って動いていくことがよくあります。

このことを、ボリンジャーバンドの「バンドウォーク」と言います。

このバンドウォークが起きている間はポジションを保有しておきます。

もしくは下位足で押し目や戻りを狙ってエントリーしていきます。

要するにトレンドの発生をボリンジャーバンドで確認してエントリーする手法になります。

因みにエクスパンションに乗っかってエントリーした場合、決済の判断は段階的に2通りあります。

1つ目はエントリーした方向とは反対側のバンドが閉じた時です。

この段階は、一時的に相場に勢いがなくなったと判断してポジションを早めに決済しておく段階です。

2つ目はエントリーした方向のバンドが閉じた時です。

この段階は、完全に相場の勢いがなくなったと判断して確実に決済しておく段階です。

エクスパンション時の決済判断
  • 第一段階:エントリーした方向とは反対側のバンドが閉じた時
  • 第二段階:エントリーした方向のバンドが閉じた時

上記のようにボリンジャーバンドはエントリーの判断だけでなく、決済のタイミングも視覚的に教えてくれます。

但し上記はあくまでも単一の時間軸でのボリンジャーバンドの使い方です。

上記の基本的なエントリー手法に複数の時間足を使ったマルチタイムフレーム分析などの要素も加えるとより確実なエントリーや決済ができるようになります。

例えばレンジ相場では上位足のボリンジャーバンドの形状も見て、エントリー判断に使用する時間足同様、ボリンジャーバンドの形状が横に平行に動いている状態なら優位性が高まります。

逆に上位足がエクスパンションしていて勢いがある状態だと下位足でブレイクアウトする確率が高まるのでその辺を意識した方がいいです。

ブレイクアウト手法ならレンジ相場とは逆で上位足がエクスパンションしている状態での下位足のエクスパンションは優位性が高まります。

逆に上位足でレンジ状態だとバンドが意識されてレートが止まりやすいので上位足のバンドを利確の目安にした方がいい場合もあります。

ということで上述した手法はトレードロジックに相反する部分があるので初めはどちらか一方だけを実践して慣れてきたらそれぞれの相場環境に合わせたロジックを実践していけばいいと思います。

それ以外にも補助的な使い方として他の手法を実践しながらボリンジャーバンドは単純に利確の目安だけに使ったり、ボリンジャーバンドでトレンドを判断することも可能です。

このように様々な使い方ができるので、色々なインジケーターがあってどれを使ったらいいかわからない、と言う方はまずボリンジャーバンドをチャートに表示させてみてください。

トレーダーの中にはボリンジャーバンドだけでトレードしている人もいるくらいなので極めればかなり使えるツールになります。

以上になります。

現在無料相談受け付けてます♪

「投資や副業で稼ぎたい」

「ネットビジネスにチャレンジしたい」

そんなあなたのために無料でご相談に乗ります。

僕はこれまで色々な情報商材や高額塾に手をだしてきました。

残念ながら世の中には情報弱者を食い物にする輩や詐欺的まがいなやり方で高額な商品を売りつける輩が存在します。

そんな情報に惑わされず本当にあなたが稼げる道筋を教えます。

ですからもし今独りで悩んでいるならけんパパに相談してみてください。

真摯に全力で応えます!

けんパパ
たった一通のメールで人生が変わることもありますので
まずは遠慮なく気軽にご相談ください。

→けんパパの気軽に無料相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。